ネイル資格取得はネイルスクールと通信講座の2種類があります

最近では、ネイルアートをする事が女性の中では一般的になっています。そして近年では女性のみならず男性の間でも美容意識が高まっていますので、男性の女性を見る目も厳しくなっています。
したがって、いわゆる綺麗な女性と思われる為には細部にまで気を配る事が求められるようになっています。その為スキンケアやヘアケアはもちろんですが、多くの女性はネイルケアにも気を使っています。
その延長線上にあるのがネイルアートで、綺麗に保ったネイルをより美しく見せるために行われています。また最近では様々なネイルアートアート用品が市販されていますので、自分で自分のネイルを飾る事も可能になっています。
そして、その事がネイリストを目指すきっかけになるケースがあります。なおその様な場合には、主に2種類の道があるとされています。
一つはネイルスクールに通って学ぶ方法で、もう一つは通信講座で学ぶ方法になります。この両者の違いとしては、職業としてネイルアートを行うのか、あくまでも趣味の一環として自分や友人に行うのかの違いになります。
一般的には職業としてネイリストを目指す場合にはネイルスクール、そうでない場合には通信講座を選ぶ事が良いとされています。

基本的に、通信講座よりもネイルスクールの方が金額は高くなっています。これは講師を招いて指導を行うかそれとも独学かの違いで、独学では学べない点が多いためネイルスクールの方が金額が高くなっている事が一般的になっています。
またネイリストの資格取得には当然試験が行われ、その試験は実技と筆記の2種類になります。筆記の場合は独学でもある程度はクリアできますが、実技の方は独学ではやや難しくなっています。
さらに、ネイリスト資格には等級があり1級から3級に分かれています。そしてネイルサロンで働く為には最低でも2級が必要になっています。
と言うのも3級はネイルケアやネイルアートの基礎知識や技術があれば取得できますので、比較的簡単に取れるとされています。しかし2級の場合は、「サロンで通用する技術」が条件になっていますので、最低でも2級が無ければネイリストにはなれませんしサロンによっては1級の資格が必要な場合もあります。
ネイリストの1級や2級を独学で取得する事は非常に難しく、一般的にはネイルスクールに通って取得します。なのでネイリストになる為にはネイルスクールに通う事が近道であり、最適な選択になるとされています。

ネイルスクールでは等級を段階的に学べる

近年ネイルをする人が増えていますが、それにともなってネイルを学ぶためにネイルスクールに通う人や資格を取得する人も増えています。
ネイルはNPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が日本でも最も歴史のある協会で、ネイルに関しての技術や専門的知識を基本にして手足の健康とファッションを通じて総合的な美容を求めています。
技術者の意識の向上やビジネスが健全な発展を促進することで社会に貢献することを目的としています。
ちなみにネイリストは英語ではなく造語です。
この協会の規約基準を満たしていて教育理念に基づいている健全なネイリスト養成に相応しいと認定されているネイルスクールがJNA認定校です。
このスクールは信頼と実績がある学校になります。
JNA認定校はネイルサロン衛生管理士資格講習会の受講や、規定のカリキュラムを修得することでJNAジェルネイル検定の初級筆記試験が学校内で受講できます。
また、日本ネイリスト協会最高技能等級の認定講師資格試験は年に2回ほど行われていて、ネイリスト育成にふさわしい知識や技術の試験に合格した人だけがなれます。
ネイリストのレベルを証明する資格は等級があり、1級から3級まで段階的になっています。
技能検定試験は年に2回(春と秋)に行われています。
たとえば3級だとネイリストベーシックのマスターにネイルケアに関しての基本的な技能と知識などが出ます。

 

ネイルスクールでは趣味で初めて学びたい人や、プロとしてそれぞれの等級を段階的に学びたい人、自宅でサロンを開設したい人などが基礎から資格取得まで出来るようになっています。
例えば初めての人だとジェル検定初級取得コースなどがあり、ネイルの基礎から初めて最終的にはジェル検定初級が取得出来ます。
ホームサロンネイリストとして活躍できるレベルが目的です。
ネイルスクールは(JNA認定校)だと安心です。
規定のカリキュラムを履修してから、学校内の技術チェックと筆記試験を受けることで資格を取得出来ます。
JNA認定校だと授業を担当する講師も認定講師なので、確かな経験と実績に技術力を持っています。
学校なので受講料などがかかりますが、これも学校によって一括払いから受講する分だけ支払うシステムなどがあります。
初めてでも都度払いならいつでも始めることが出来ます。
通学スタイルも学校によって異なりますが、ライフスタイルによって選択ができる場合もあります。
フリータイム制だと空いた時間に通学して自分のペースで授業を受けられますし、全日制は学校が提供している時間割りにそって効率よく授業を受けて、この場合だと3ヶ月や6ヵ月コースがあります。
中にはスクール生給与受給制度などがあり、入学前に人事採用面接に合格された人が学校の一員として、サロンで即戦力になる授業を行います。

ネイルスクール選択のポイント・サポートシステム

ネイルスクールを選択するときには、自分が学びたい内容を明確にすることから始めましょう。多くの人は、プロのネイリストを目指してネイルスクールに入学することが多いのですが、趣味・おけいことしてネイルの基礎を学ぶことを目的としたコースもあります。自分が身につけるべき知識と技術を学べるスクールを見つけるためには、十分な情報収集が必要です。まずは、関連ウェブサイトをよく確認し、資料請求することから始めると良いでしょう。できるだけたくさんのネイルスクールをピックアップしてから絞り込むようにしましょう。そのときの判断基準となるのが受講システムと通いやすさです。提供するサービスはスクールによってさまざまです。予約制の授業で、自分の予定に合わせて自由にカリキュラムを組み合わせることができるスクールもあります。働きながら学校に通いたい人にはぴったりのスタイルです。便利な予約システムを導入しているスクールもあります。例えば、個人レッスンや自習のための部屋の貸し出しを予約カレンダーから指定できる管理システムです。忙しい人にとっては、効率良く授業を受けられる環境を選ぶことも学習の上で欠かせないポイントとなってくるでしょう。
 

プロネイリストを目指して本格的にネイル知識・技術を学びたい人は、サポートシステムが充実したネイルスクールを選択しましょう。ネイル検定対策講座や勉強会を行っているスクールの中には、追加料金なしでしっかりサポートしてくれるスクールもあります。苦手な技術を重点的に学習するための補習講座を追加できたり、試験に合格できなかったときのアフターフォローに力を入れているスクールもあります。そういったところでは、「合格保証制度」などをアピールポイントとして掲げていますから、ぜひチェックしておきましょう。練習スペースの確保が難しい人には、教室や自習室を解放していることも重要です。講師が常駐して質問や相談に応じてくれるスクールで、検定試験合格のためのアドバイスをもらいながら、しっかり学習していきたいところです。そして、就職サポートシステムの内容にも注目です。大手のスクールであれば、ネイリスト募集の求人情報を提供しています。ネイルスクールの会社が運営するネイルサロンで働いたり、実習という形で研修を行うこともできます。比較的規模の小さいスクールでも、講師同士のつながりから個人経営のネイルサロンで働かせてもらえることになったという話も多くあります。

ネイルスクールのメリットは技術指導を受けられる事

ネイリストを目指したいのであれば、ネイルスクールに通う事がおすすめです。
現在は、通信教育で目指すという方法もあります。
通信教育は、マイペースに勉強をしたい、自宅で勉強をしたいと考えた時に最適です。
ですが、通信教育というのは、ネイルの勉強をしている中で、技術に関する疑問が出てきても、すぐに講師に相談をするという事が出来ません。
指導を仰ぐ場合も、直接、目の前で指導をして貰えるという訳ではなく、細かい悩みの解決が難しい状態になる事があります。
ネイルスクールの場合は、スクールに行けば、常に講師がいます。
ですから、勉強をしていく中で、技術について分からない点が出てきた場合、すぐに講師に相談が可能で、そしてしっかりとした技術指導を受ける事が出来ます。
そして、直接目の前で、プロの技術を見る事が出来ます。
それにより、疑問解決と同時に、本人の技術向上にも繋がっていきます。
基本的な技術について学びたいのであれば、通信講座でも勉強をする事は可能です。
そして、資格取得も目指していく事は可能です。
ですが、しっかりとネイリストとして働いていく高い技術を身につけたいと考えるのであれば、ネイルスクールの方がメリットが多くなります。

 

ネイルスクールは、通信講座に比べてお金がかかる事になります。
短期間の講座等、スクールによっては比較的手頃な料金になっている事もありますが、本格的な技術を学べるスクールはその料金が高めになっています。
その為に通信講座で良いと考える人も多くいます。
通信講座でも、3級程度の資格であれば、取得が可能になっています。
ですが、実際にネイリストとして働く為には、それ以上の資格取得を目指す事が必要で、ネイルサロンで働く為には、基本的な技術もしっかりと身につけておく事が大切です。
通信講座でも頑張れば技術が身につく可能性はあります。
ですが、本気でネイリストを目指したいのであれば、資格取得の為だけでなく、プロとして働く為にも必要な技術指導をしっかりと受ける事が出来るネイルスクールがおすすめです。
費用はかかる事になりますが、直接、講師から指導を受ける事が出来る事、より高い資格、技術取得を目指せる事等のメリットを考えると、スクールの費用はけして高いとは言い切れません。
将来、本気でネイリストとして働きたいと考えているのであれば、多少、費用はかかる事になっても、ネイルスクールで勉強をして、プロとして通用する技術を身につけていく事がおすすめです。