ネイルスクールでは等級を段階的に学べる

近年ネイルをする人が増えていますが、それにともなってネイルを学ぶためにネイルスクールに通う人や資格を取得する人も増えています。
ネイルはNPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が日本でも最も歴史のある協会で、ネイルに関しての技術や専門的知識を基本にして手足の健康とファッションを通じて総合的な美容を求めています。
技術者の意識の向上やビジネスが健全な発展を促進することで社会に貢献することを目的としています。
ちなみにネイリストは英語ではなく造語です。
この協会の規約基準を満たしていて教育理念に基づいている健全なネイリスト養成に相応しいと認定されているネイルスクールがJNA認定校です。
このスクールは信頼と実績がある学校になります。
JNA認定校はネイルサロン衛生管理士資格講習会の受講や、規定のカリキュラムを修得することでJNAジェルネイル検定の初級筆記試験が学校内で受講できます。
また、日本ネイリスト協会最高技能等級の認定講師資格試験は年に2回ほど行われていて、ネイリスト育成にふさわしい知識や技術の試験に合格した人だけがなれます。
ネイリストのレベルを証明する資格は等級があり、1級から3級まで段階的になっています。
技能検定試験は年に2回(春と秋)に行われています。
たとえば3級だとネイリストベーシックのマスターにネイルケアに関しての基本的な技能と知識などが出ます。

 

ネイルスクールでは趣味で初めて学びたい人や、プロとしてそれぞれの等級を段階的に学びたい人、自宅でサロンを開設したい人などが基礎から資格取得まで出来るようになっています。
例えば初めての人だとジェル検定初級取得コースなどがあり、ネイルの基礎から初めて最終的にはジェル検定初級が取得出来ます。
ホームサロンネイリストとして活躍できるレベルが目的です。
ネイルスクールは(JNA認定校)だと安心です。
規定のカリキュラムを履修してから、学校内の技術チェックと筆記試験を受けることで資格を取得出来ます。
JNA認定校だと授業を担当する講師も認定講師なので、確かな経験と実績に技術力を持っています。
学校なので受講料などがかかりますが、これも学校によって一括払いから受講する分だけ支払うシステムなどがあります。
初めてでも都度払いならいつでも始めることが出来ます。
通学スタイルも学校によって異なりますが、ライフスタイルによって選択ができる場合もあります。
フリータイム制だと空いた時間に通学して自分のペースで授業を受けられますし、全日制は学校が提供している時間割りにそって効率よく授業を受けて、この場合だと3ヶ月や6ヵ月コースがあります。
中にはスクール生給与受給制度などがあり、入学前に人事採用面接に合格された人が学校の一員として、サロンで即戦力になる授業を行います。