ネイル資格取得はネイルスクールと通信講座の2種類があります

最近では、ネイルアートをする事が女性の中では一般的になっています。そして近年では女性のみならず男性の間でも美容意識が高まっていますので、男性の女性を見る目も厳しくなっています。
したがって、いわゆる綺麗な女性と思われる為には細部にまで気を配る事が求められるようになっています。その為スキンケアやヘアケアはもちろんですが、多くの女性はネイルケアにも気を使っています。
その延長線上にあるのがネイルアートで、綺麗に保ったネイルをより美しく見せるために行われています。また最近では様々なネイルアートアート用品が市販されていますので、自分で自分のネイルを飾る事も可能になっています。
そして、その事がネイリストを目指すきっかけになるケースがあります。なおその様な場合には、主に2種類の道があるとされています。
一つはネイルスクールに通って学ぶ方法で、もう一つは通信講座で学ぶ方法になります。この両者の違いとしては、職業としてネイルアートを行うのか、あくまでも趣味の一環として自分や友人に行うのかの違いになります。
一般的には職業としてネイリストを目指す場合にはネイルスクール、そうでない場合には通信講座を選ぶ事が良いとされています。

基本的に、通信講座よりもネイルスクールの方が金額は高くなっています。これは講師を招いて指導を行うかそれとも独学かの違いで、独学では学べない点が多いためネイルスクールの方が金額が高くなっている事が一般的になっています。
またネイリストの資格取得には当然試験が行われ、その試験は実技と筆記の2種類になります。筆記の場合は独学でもある程度はクリアできますが、実技の方は独学ではやや難しくなっています。
さらに、ネイリスト資格には等級があり1級から3級に分かれています。そしてネイルサロンで働く為には最低でも2級が必要になっています。
と言うのも3級はネイルケアやネイルアートの基礎知識や技術があれば取得できますので、比較的簡単に取れるとされています。しかし2級の場合は、「サロンで通用する技術」が条件になっていますので、最低でも2級が無ければネイリストにはなれませんしサロンによっては1級の資格が必要な場合もあります。
ネイリストの1級や2級を独学で取得する事は非常に難しく、一般的にはネイルスクールに通って取得します。なのでネイリストになる為にはネイルスクールに通う事が近道であり、最適な選択になるとされています。